結婚記念日の名称とプレゼント

 結婚記念日の名称は結婚年数によって、決まっています。その名称にちなんだ贈り物などをまとめてみました。

両親へのプレゼント

 両親へプレゼントを贈る場合、せっかく二人一緒にお祝いできるチャンスなので、 二人で使えるものや、お揃いの物、家族で一緒に楽しめるものなどが良いのではないでしょうか。
 両親へ毎年贈るのはちょっと大変と思う場合は、節目の銀婚式や金婚式にまとめて豪華なプレゼントを してみてはどうでしょう。
 両親へのプレゼントランキングは次のようになっていますので、参考にしてみて下さい。
  1位 旅行・食事(二人や家族皆で)
  2位 ペア食器(夫婦箸・夫婦茶碗・ペアカップなど)
  3位 お酒・食材(結婚した年に醸造されたワインや二人の好きなもの食べ物など)

夫へのプレゼント

 夫へのプレゼントは、日頃の感謝をこめて、いつも使っているものよりちょっと良いものを贈ってはどうでしょう。
 例えば、ネクタイや財布などの小物をちょっとグレードアップしたり、 いつも飲んでいるお酒よりちょっと高価な物を選んだり。 この、"ちょっと"が味噌です。 あまり、豪華にしても、「こんなに高いものはいいのに…」などとかえって、ひかれてしまうかもしれません。
 夫へのプレゼントのランキングは次のようになっています。
  1位 ネクタイや腕時計(好みに合った物を)
  2位 お酒(いつもよりワンランク上の物を)
  3位 財布(長く使える革製の物など)

妻へのプレゼント

 奥さんへのプレゼントを選ぶのは、大抵の男性は苦手なのではないでしょうか。 でも、「これを贈ったら喜ぶかな?」と考えながら、選んでいけば大丈夫だと思います。
 基本的に女性は綺麗な物と美味しいものが大好きです。 いつも身に着けていられるアクセサリーやバッグなどの小物は、うってつけですね。 又、美味しいと評判のお菓子や好物の食べ物なども喜ばれるでしょう。 ただその場合は、食べてしまうとなくなってしまうので、メッセージカードを添えると良いですね。 日頃の感謝を伝えるチャンスです。
 妻へのプレゼントのランキングは次のようになっています。
  1位 アクセサリー(好みに合った物を)
  2位 バッグなど(一緒に選んでもいいですね)
  3位 スイーツ(美味しいものを)
 無条件にお花を贈られるのは嬉しいものです。 品物を選ぶヒマがない時は、お花にメッセージカードを添えて、贈ってはどうでしょう。