バレンタインデーの相場

 日本では、2月14日のバレンタインデーに、女性がチョコレートやプレゼントを 好きな人に贈るのが、定着していますね。これが「本命チョコ」。
 職場や仲間などに贈る「義理チョコ」もすっかりお馴染みです。 近頃は、友達同士で交換しあう「友チョコ」や自分へのご褒美としての「マイチョコ」も定番化しつつあります。
 それぞれ、目的が違うので相場も大分変ってきます。それぞれ、見ていってみましょう。
.
 ●本命チョコ
 本命チョコの場合、気合の入り方によっても変わって来ると思いますが、 大体チョコレートだけで1,000円〜3,000円位で、そこに品物をプラスして贈るケースが多いようです。 両方合わせて5,000〜10,000円位でしょうか。 これも、初めて告白するのか、付き合って間がないのか、長い付き合いなのかによっても変わって来ます。
 結局、相場という相場はないのと同じです。心がこもっていれば、それで良いのではないでしょうか。
.
 ●義理チョコ
 義理チョコの場合、本命チョコとは意味合いが異なり、日頃の感謝がこめられています。 ちょっとしたお歳暮がわりのような、ご挨拶というような感じですね。 ですので、相場も大体300円〜1,000円位と本命チョコよりはお安めになっています。 職場とかの場合は、上司には少し高目にしたりと、工夫をしているようです。
.
 ●友チョコ
 友チョコの場合は、手作りチョコを交換しあうケースが多いとか。 ちょっとした、腕比べのような感じで、年を追うごとにランクアップしていきそうですね。 また、最近は「スイーツ男子」が増えて来ていて、男性同士で交換するケースもあるようです。
.
 ●マイチョコ
 マイチョコの場合は、逆に普段では買わないような、ちょっと高級なチョコを購入するようです。 自分へのご褒美なのですから、相場はその人の頑張り次第というところでしょうか。

たまには こんなチョコはいかがですか?

 バレンタインのプレゼントには、もちろん、自分へのご褒美にも。 贅沢なチョコレートで、贅沢な時間と、贅沢な気分を、味わってみるのもいいかな、って思います。

  パリのお洒落なチョコレート 「 EDWART CHOCOLATIER PARIS 」

 2014年のオープンからわずか3年で、Club des Croqueurs de Chocolat 2017 最優秀賞受賞 など受賞暦を持つ、いまもっとも注目される実力派若手 ショコラティエです。 大満足間違いなしの贅沢なチョコレートです。