お祝いの名称

 長寿のお祝いは、中国伝来のもので、昔から数え年の誕生日にお祝いするものですが、 最近では満年齢で祝う人も増えているようです。ただし、還暦だけは必ず満年齢60歳(数え年61歳)で行います。 .
 長寿祝いには、それぞれ名前がついているので、次にあげてみます。その由来と共に覚えると覚えやすいでしょう。

お祝いの仕方

 長寿のお祝いというと、60歳の「還暦」が思い浮かびますが、長寿となった現代では、 60歳はまだまだ現役で、還暦祝いで年寄扱いされるのを、嫌う人もいるかもしれません。 かといって、何もしないと「忘れちゃったのかな?」と思わせてしまうかもしれないので、 家族や親しい人が何気なくどうして欲しいかを聞いてみると良いと思います。
 お祝いをする場合、本人の体調や意向を考慮して、負担がかからないようにする配慮も必要です。

贈る場合の注意点

 現金を贈る場合は金銀または紅白の蝶結びののし袋を用います。
 また、品物を贈る場合でも、品物に金銀または紅白の蝶結びののし紙をつけます。 いずれの場合にものしの上段には「祝米寿」など「祝○○」と書き、下段には贈り主の名前を書きますが、 子供一同などで贈る場合は「子供一同」とします。
 贈る物は相手の趣味や好みに合ったものにすることが大切です。 事前に聞いておくか、聞けない場合は現金にするほうが無難と言えます。 「お茶」は弔辞に使われたりして、縁起が悪いと思う人もいますので、避けたほうが良いですね。 さらに、「櫛」も苦や死を連想させるので、本人からのリクエストがない限り、やめておきましょう。
 品物や現金の相場は、大体10,000円程度と言われています。あくまでも目安ですので、参考までに。

おすすめ 長寿お祝いの品

 プレゼントを贈ろうと思っても、 「他の人と重なったりしないかな」とか、「ちょっとセンスないかな」とか、 いろいろと悩んでしまうものですよね。
 そんなときにおすすめのプレゼントを紹介します。

       人気プレゼントをランキングで紹介

 気持ち伝わるプレゼントなら、名入れギフトがオススメ! 名前が入ることで、贈られた方も喜ぶ、一生もののプレゼントになることは間違いありません。 お酒やポエム、ボールペン、食器などバリエーションも豊富です。

       最高級今治タオルの取扱店 「 伊織 」

 最高級今治タオルをプレゼントするのは、いかがでしょうか?
「これからも元気で長生きしてね」そんな願いを込めて、デザインやこだわりもいろいろな、 ワンランク上のタオルを用意しています。 毎日、使うものだから、きっと喜ばれます。