贈る時期

 七五三とは、三歳・五歳・七歳に成長の節目として、氏神様に参拝し、無事に成長したことを感謝し、 これからの幸福と健康をお祈りする儀式です。
 元来は、数え年でお祝いするのが通例のようですが、現在では満年齢でお祝いする場合も多いようです。 例えば、3歳と6歳の兄弟の場合、6歳の子は数え年で、3歳の子は満年齢でと考えると、一緒にお祝い出来ますよね。
.
 七五三は11月15日ですので、11月1日から15日前後の間に贈ると良いでしょう。

贈り方

 七五三のお祝いは、子供の健やかな成長を願って、養育費としての現金を贈るのが一般的のようです。 その際は、紅白の蝶結びの水引で、表書きは「祝七五三」「七五三御祝」などとします。
 又、年齢によって次のように書くこともあるようです。
 ・三歳…「祝御髪置」
 ・五歳…「祝御袴着」
 ・七歳…「御帯解」

相場

 お祝いの相場は一般的には次のようになっています。 お付き合いの度合いや地域によっても異なりますので、目安として下さい。