贈る時期

 初節句とは、赤ちゃんが生まれて最初に迎えるお節句のことです。 お節句とは、男の子が5月5日の端午の節句、女の子が3月3日の桃の節句の事です。
 初節句は赤ちゃんが健康ですくすくと成長することを願って、又、厄除けを願って行う行事なので、 身内や親戚などに、赤ちゃんが生まれたら、忘れずにお祝いを贈りましょう。

現金を贈る場合

 現金を贈る場合は、紅白の蝶結びの水引にします。 表書きは「祝初節句」「祝初節句御祝」「御祝」などとします。
 相場ですが、これもお付き合いの度合いや地域によっても異なりますが、次のようになっています。 あくまで目安なので、参考までに。

品物を贈る場合

 結婚祝いや出産祝いの時と違って、初節句の贈り物には慣例のようなものがあります。
 まず、大きな飾り物、男の子なら兜飾りやこいのぼりなど、女の子なら雛人形などは母方の祖父母から贈られます。 地域や事情によってかわってきますが、大きく高価なものですので、事前に話し合っておくと良いですね。
 余談ですが、私の経験上、マンションなどで雛人形を飾るスペースがあまり無い場合は、 段飾りの雛人形よりお内裏様とお雛様の親王飾りが良いですね。 また、親王飾りにも大小ありますが、雛人形売り場では他の雛人形も陳列されているので、 あまり大きく思わないのですが、実際家に飾ってみると意外と大きいものです。 大きさは小さめでも質の良いものを選ぶと、後々、出し入れにも苦労しなくて良いと思います。
.
 その他の親類や友人・知人の場合は、玩具やお節句にちなんだ飾り物やお菓子などが一般的です。 又、商品券なども喜ばれます。その際の相場は、親類が5,000円〜10,000円で友人・知人が5,000円となっています。