いろいろと決まりがあります

 お通夜・お葬式に参列する場合、亡くなった方のご霊前にお供えするためにお香典を用意します。
 お香典とは、本来はお線香やお花をお供えするものですが、現代では代わりに現金を不祝儀用の のし袋に包んだものを指します。お香典は、訃報の知らせを受けたら、通夜又は葬儀のどちらかに持参しましょう。

みんな、いくら包んでいるの?

 お香典の金額を決めるのも難しいものです。あまり少ないと恥をかくことになりますし、 逆に多すぎても先方が恐縮し、返って香典返しに気を使わせてしまうことになります。
 一般に、血縁関係が濃いほど高額となりますが、普段のお付き合いの度合いによっても、金額は変わってきます。 以前からお香典のやり取りがある場合には、その時の金額を参考にすると良いのですが、 その時との物価の違いなども考慮して決めるようにしましょう。
 一般的なお香典の相場を次にあげてみました。

 お香典の金額を決める際の注意点として、結婚式ほど厳密ではないのですが、 やはり「4」や「9」の入った金額は避けた方が良いでしょう。 これは、「死ぬ」や「苦しむ」といった言葉を連想させてしまうからだと言われています。
.
 お香典に用いるお札ですが、ご祝儀と逆で、新札は使わない方が良いでしょう。 前もって用意していたようだと捉えられるためと言われています。 もし、新しいお札しか手元に無い場合は、1・2回折って折り目をつけると良いでしょう。 当然のことですが、ボロボロのお札は失礼にあたるので使えません。

のし袋の選び方

 さて、お香典の金額が決まったところで、それを入れるのし袋についても注意が必要です。 と言うのも祝儀袋と違い、亡くなった方の宗派やお香典をもっていく時期によって表書きが異なってくるからです。 これは、大人として間違えられないポイントですので、次にまとめたものを参考にして下さい。

 尚、表書きの「御仏前」「御佛前」は、四十九日の法要以降に使いますので、間違えないようにしましょう。

のし袋・中包みの書き方

 のし袋の下段には、中央に自分の姓名をフルネームで書きます。 そして、裏には郵便番号・住所・氏名・金額を書きます。 故人と交友があって、住所等を知っていたとしても、遺族が後でお香典を整理する際に、 負担をかけないようにするために、きちんと書きましょう。
 複数の連名で出す場合は、下段の右から上位者・目上の人を書いていきます。 上下の区別が無い場合は、五十音順に右から書きます。
 お金は中包み(中袋)の中に入れ、中包みにも郵便番号・住所・氏名・金額を書きます。
.
 のし袋の裏や中包みに金額を書く際に、数字の書き方にも注意点があります。次の様な漢数字での表記になります。
 1:壱  2:弐  3:参  5:五または伍  7:七  8:八  10:十または壱拾  万:万または萬
 例えば3万円の場合は、「金参萬円」となります。
.
 宗派がわからない時や仏教式の場合は、表書き・下段共に薄墨で書きます。 「涙で墨がにじんでしまいました」と言う意味があるそうです。 日頃から薄墨の筆ペンを1本用意しておくと良いですね。無い場合は、普通の黒のペンでも大丈夫です。